セフレ、気の強い年下男子募集

セフレ、気の強い年下男子募集

私は長い間、恋人と呼べる人がいません。
恋人を募集していないわけじゃないんだけど、特定の恋人を作って、デートをしたり信頼できる関係を築くのもいいけど、なんだかイチから関係を築くことが面倒というか。
季節は12月、街はすっかりイルミネーション、もうすぐクリスマスということもあって、気分転換にアウトレットに買い物に出かけると周りはカップルでいっぱいでした。
日が暮れ始めると、さすがの私も人恋しくなり、誰かに温めてもらいたい衝動にかられました。

セフレでもいいかな」なんて軽い気持ちでカフェで一息つきながら、スマホを取り出し出会い系サイトを検索しました。
そこで目に止まった男の子、Sくん23歳、写真では私好みのイケメンで「寒い夜を温めてくれるセフレ募集」と紹介文に書かれてあり、迷わず飛びついちゃいました。
近所というラッキーな幸運も重なり、すぐにSくんに「今夜会えませんか?」と送ると、「もちろん!」とノリノリの返事が返ってきて、さっそく待ち合わせのラブホへ向かいました。

目的地のラブホに到着すると、写真通りイケメンのSくんの姿がありました。
「はじめまして。写真の通りかわいいじゃん。さっ、行こうか。」
かわいいなんて言われたものだから私はすっかり上機嫌でドキドキしてしまい、Sくんが6つも年下だなんてことは忘れて手をひかれてラブホに入りました。

ラブホに入るなりSくんはシャワーを浴びるのも待ちきれないのか激しくキスをしてきました。
クチュクチュと唇から水音が聞こえることに興奮しながらも、
「ちょっと待って、シャワー浴びたいのっ」と少し抵抗するも、
「だめ。おとなしくしてろよ。」
と息継ぎが苦しくなるほどのキスをしてきます。
Sくんの愛撫に感じつつも、Sくんの股間に手をやると、
「ぅあっ」と私の耳元でなんともいえない甘い声でSくんが喘ぎました。
その声で私のドSスイッチが入ってしまい、そこからは形勢逆転してしまい、
「なーに?Sくん、ココが感じるの?」
と、デニムの上からゆっくり膨らみを揉んであげました。
「あっ、んんっ、ぁんっ」
Sくんはなんともいえない表情をしながらもっともっとと言わんばかりに膨らみを私の手に押し付けてきます。
「パンパンで苦しいの?」
デニムのベルトを外し、ボクサーパンツに染みを作っている膨らみをいやらしく、いやらしく揉みしだきました。
クチュ、二チュッといやらしい音が響きます。
「あっ、あん、んんっ、んーっ」
ぶるっとSくんが身震いをしたかと思えば、なんとボクサーパンツの中で果ててしまいました。
強気なSくんはどうやらMだったようです。
その後もたくさんたくさん、いじめて楽しんじゃいました。

それからは出会い系サイトでかわいいドMの男の子のセフレを募集し、楽しんでいる毎日です。

今回使ったサイトは・・・

セフレ募集-pcmax

>>>PCMAX(18禁)

 

セフレを募集しやすい出会い系サイトランキング【2017年度版】

セフレ

”数百万のスケベな素人女がわんさか”

”誰にだってセフレ募集出来る”

”どんなヤツでも出会えない事はない!”


管理人が実際にセフレを作っているサイトを厳選してランキング形式で紹介中です♪更に、誰でも簡単に再現出来るセフレの作り方も暴露なう(何百万人もの女がいるからお裾分けですw私一人じゃ喰いきれないです(;・∀・))