私の不倫は静岡県浜松市からスタートしました

私の不倫は静岡県浜松市からスタートしました
私は33歳の専業主婦です。

そんな私が不倫をした理由は旦那とのセックスレスが1番の原因でした。

新婚当時のようなセックスはなくなり、3年もの間旦那からお呼びがかかることはありませんでした。

1日家のことをやって、あとは旦那が帰ってくるまで何もすることはなく毎日に刺激がなかったのです。

仕事から帰って来た旦那はというと仕事の愚痴をただただ一方的にしゃべり、あとはお風呂へ入ってご飯を食べて寝るだけという生活で、私の話など聞こうともしませんでした。

そんな時、セックスレスになっていた原因に気づいてしまいました。

それは旦那の浮気です。

知り合いが旦那と女がホテルから出てくるのを偶然見てしまったのです。

私は旦那にそのことを問い詰めることはしませんでした。

しかしそのことを友達に相談した時でした。

友達から「◯◯(私)も不倫しちゃえば?」と言われたのです。

不倫という言葉にその時は笑って終わったのですが頭からその言葉が離れず、少しだけと出会い系サイトを開いて(18禁)しまいました。

私のプロフィールを見て1人の男性が優しい言葉でコメントをくれたのです。

彼とのやり取りは数日に渡り、毎日のように繰り返されました。

彼もまた既婚者であり奥様がいました。

サラリーマンをしていて38歳の方です。

それでも私は画面だけのやり取りで、彼に少し心引かれていました。

私たちは数日後に会うことを約束をしました。

旦那には1日だけ実家へ行くと嘘を付き家を出ました。

旦那に嘘を付いたことは申し訳ないと思ったのですが、不倫に関しては罪悪感などありませんでした。

旦那も同じことをやっている!

そう思うとお互い様なんだから文句を言われる筋合いはないと思ったのです。

それよりも彼に会えるという楽しみの方が強く、初恋の相手に会うような気分でわくわくしていました。

待ち合わせ場所は彼の指定で静岡県浜松市で会うことになりました。

静岡県には何度も来ていましたが、ここで不倫相手と待ち合わせするとは思っていませんでした。

これはあとで知ったのですが、静岡県浜松市は彼の地元だったのです。

「浜松駅の出入口で待っている」っという連絡があり、電車に揺れながら化粧を直し、身なりを整えて駅に着くのを待ちました。

浜松市の景色を眺めていると駅に電車が到着し指定された出入口へ向かいました。

するとBMWの車に凭れかかるように1人の男性が出入口を見つめていました。

一目でこの人だと分かりました。

想像していた以上に彼は体格が良く長身で素敵な人でした。

彼も私に気付き、お互い頭を軽く下げたあと彼の元へ向かいました。

彼は本当に紳士な方で車に乗る際も私を優しくフォローしてくれました。

私たちは車の中でお互いのことを色々と話ました。

そのあとお昼ご飯を食べようということになり、近くのオシャレなレストランへ入りました。

食事をしているとき彼が「俺たちって周りから見たら夫婦に見えているかな?それとも恋人?不倫してるようには見えないね」と二人で想像しながら笑っていました。

食事も終わり、次の目的地を探していると彼が「今日の記念にプレゼントさせて」といい、宝石店へ向かうことにしました。

彼が「これ似合うよ」と一つのピアスを選んでくれました。

彼が会計をしてくれている間に、私はプレゼントのピアスを耳に付け、お礼を言って店を後にしました。

店を出ると外はもうすっかり暗く、彼が「今日は1日一緒にいよ」と泊まれる所を探しました。

私はてっきりラブホテルに行くのだと思っていたのですが、彼が高級そうなホテルを予約していてくれました。

彼も奥様に出張だと嘘を付き、出てきていたのです。

私たちはホテルをチェックインし、エレベーターに乗るとドアが完全に閉まったあと彼が優しくキスをしてくれました。

5階にエレベーターが止まりドアが開くと彼の手が私の腰に回り、部屋までエスコートしてくれました。

部屋に付くなりルームサービスを頼み、だんだんエッチな雰囲気になってきました。

彼が私の横に密着し濃厚なキスをしてくれたのですが、季節は夏で1日歩いたことで匂いが気になったので先にお風呂に入ることにしました。

「一緒に入っていい?」と言う彼を一旦はお断りしたのですが、彼が裸で浴室へ入ってきてしまい一緒に入浴することになりました。

浴槽に入ると彼の体格が大きいため、彼だけでいっぱいいっぱいで私の入るスペースがありませんでした。

すると彼が私を抱え、膝の上に乗せてくれたのです。

密着していることもあり、彼の少し大きくなった大事な部分が私のお尻辺りに当たっていました。

私にとっては男性の陰部が当たること自体久しぶりで、それだけでドキドキと興奮しました。

そんな私を知ってか彼は私の陰部を浴槽の中で優しく撫でるように触っていました。

浴室内は私の喘ぎ声でエコーが響き渡りました。

この時に気づいてしまったのですが、彼はジラすのを好むタイプだったのです。

彼の進まない手つきに私はのぼせ気味になってしまい中途半端なまま浴室を出たのです。

パンツを履き、ガウンを着た状態でベッドに横になりました。

すると少ししてから出てきた彼がガウンを着て、私の横になっているベッドへ入ってきたのです。

彼は私の口に舌を絡ませ、片手が下へ下へと向かいました。

下着の上から慣れた手つきで割れ目を何度もなぞり、お互いムードが高まりました。

だんだんと私の体は体温が上がり、彼も同じように興奮状態でした。

彼は私のパンツを脱がせ、股を大きく広げられ覗き込むように割れ目を開きました。

3年もの間、セックスがなかった私には恥ずかしさで顔から火が出そうでした。

彼は私の陰部を覗いたまま、私の反応を見るように楽しんでいました。

すると彼は「ちょっと待ってて」とカバンから何かを出していたのです。

笑みを浮かべたまま戻ってきた彼は新品の大人のオモチャを持ち「用意してきたから使ってみよ」といいました。

私は大人のオモチャを使うのは初体験で、これを使うと自分がどうなってしまうのか未知の世界でした。

ドキドキしている私に彼は慣れた手つきでクリトリスに小さなバイブを押し当てました。

バイブの振動が私のクリトリスを刺激し、始めて感じる快楽を体験しました。

私はバイブを押し当てられてから1分も経たないうちに2度もイッてしまいました。

そんな私のことを彼は楽しむように何度も何度も繰り返すのです。

もう失神してしまうのではないかと思うくらい頭がクラクラとしました。

その後は彼の大きなチ◯コが挿入され、激しく優しい夜を過ごしました。

彼は朝まで私を抱きしめていてくれました。

楽しかった1日はあっという間に終わり、また会うことを約束して彼と昼過ぎに別れ、我が家へ帰りました。

久しぶりのセックスに体は満ちたのですが、旦那との生活は何も変わりませんでした。

私が家に着いたとき、少し旦那に申し訳ないと感じたのですが現実に戻るとすぐに罪悪感は消えていました。

むしろ彼にまた会いたいと思ってしまいました。

その後、彼とは3か月に一度のペースで会って刺激のあるセックスを重ねていたのですが些細なことで少しケンカをしてしまい、それ以来連絡もとっておらず会ってもいません。

しかし、彼との不倫は平凡な主婦の私に刺激を与えてくれ感謝しています。

今回使ったサイトは・・・

セフレ募集-pcmax

>>>PCMAX(18禁)

【激アツ!!】LINE交換してガチで即ハメするまでの証拠画像を大公開中

【大量画像23枚】栃木県のセフレ募集・ヤリマンOL28歳と即ハメするまでのLINE画像を公開してみたw

僕の記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
サイト内でのやりとりからLINEゲット・LINEから実際に即ハメするまでのメッセージを保存しておきました。

参考にしてくれた人たちは、カンタンにセフレ・ワンナイト経験しちゃってます。

もちろん、彼女化も♪ぜひぜひ見てってね♪

お問い合わせはこっちです♪♪





セフレを募集しやすい出会い系サイトランキング【2017年度版】

セフレ

”数百万のスケベな素人女がわんさか”

”誰にだってセフレ募集出来る”

”どんなヤツでも出会えない事はない!”


管理人が実際にセフレを作っているサイトを厳選してランキング形式で紹介中です♪更に、誰でも簡単に再現出来るセフレの作り方も暴露なう(何百万人もの女がいるからお裾分けですw私一人じゃ喰いきれないです(;・∀・))