姉がセフレ募集していて妹も加わり姉妹丼3P

2017年3月21日

最初にセフレ募集していた姉の美穂と

 出会い系サイト(18禁)でまさかの姉妹丼しかも3Pを体験しました。
最初にセフレ募集していた姉の美穂と出会いました。
美穂は25歳くらいの明るい茶髪で派手目のファッションで、新宿で会って僕とのエッチの相性もまあまあ良かったのでまた連絡をくれることになりその日は別れました。

数日後また美穂から連絡があり、妹の21歳の夏樹ちゃんと一緒に会いたいと言ってきました。
前回はセフレ募集していた美穂と新宿でホテル直行だったのに今回は妹同伴で丸の内でランチというので、僕は正直あてが外れてがっかりしましたがOKしました。

僕が欲しいのはセフレだから、3人でランチだけじゃ面白くないよなと、もともと募集していた美穂に不信感を抱きながらも丸の内のお洒落レストランを僕が予約して待ち合わせしました。
レストランに着くと、相変わらず派手なファッションの美穂の横に、黒髪で大人しそうな可愛らしい清楚なファッションの夏樹ちゃんが座っていました。
当たり障りのない会話をしながらランチを楽しむと、ファッションや性格は対照的だけど顔の造りや体格はけっこう2人とも似ていることがわかってきました。

14時ごろにランチを終えると、美穂が突然「この後3人でゆっくり過ごさない?近くのシティホテルのデイユースを予約してあるから。」と切り出してきました。
特段予定も無かったのと、妹の夏樹ちゃんが大人しいけれど話しているうちに気になってきたのもあってOKすると、そのままタクシーで八重洲方面にあるホテルに3人で向かいました。

ホテルの部屋に入ると、美穂が「あたしと夏樹はなかよしだからいつか3Pしたいと思ってたんだ。ねえ、夏樹?」と突然話し、夏樹ちゃんも恥ずかしそうに頷きました。
「マジかよ。じゃあ仕方ないな。」とおどけて答えたものの僕はびっくりしていました。

それでも降って沸いたタイプの違う二人、しかも姉妹との3Pのいチャンスに僕の股間は正直でした。
ふたりのどちらも退屈させないように公平に触ったり舐めたりしながら裸にすると2人はやっぱり姉妹で肌の感触や陰毛の濃さ、肉付きまでそっくりでした。

美穂は前回と同じように積極的なのに対して、夏樹ちゃんはやっぱり受け身でした。
それでも、おまんこの色や濡れ具合、そして2人を左右に並べて両手で指を入れてみると中の広さや感じるポイント、それにイクタイミングまで殆ど同じだったことに驚きました。

最終的には、僕が仰向けに寝そべり、騎乗位で跨っている美穂に挿入し、恥ずかしそうにしながら顔の上に跨っている夏樹ちゃんのおまんこをクンニしながら僕が射精して夢のような姉妹丼3Pを終えました。

それ以降は、3Pはしていないのですが、美穂と夏樹ちゃんの両方から個別に連絡が来るようになり、姉妹専属セフレとしてそれぞれの身体を楽しんでいます。
 
 今回使ったサイトは・・・

セフレ募集-pcmax

>>>PCMAX(18禁)